読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

代官山蔦屋書店2016年2月

代官山蔦屋書店 TSUTAYA 音楽

2月24日〜29日の期間で代官山蔦屋書店でレンタルCDアルバム1枚100円(税込)のクーポンが配信されていたので2016年2月28日(日)にレンタルしてきた20枚。

  • AL COHN QUINTET featuring ZOOT SIMS『Al And Zoot』(1957)
  • THELONIOUS MONK『Thelonious Himself』(1957)
  • LES McCANN『Comment』(1969)
  • DUKE JORDAN『Flight To Denmark』(1973)
  • BOBBI HUMPHREY『Fancy Dancer』(1975)
  • JACO PASTORIUSJaco Pastorius』(1976)
  • BILL EVANS『Momentum 1』(2015)
  • BILL EVANS『Momentum 2』(2015)
  • BLOOD, SWEAT & TEARS『BLOOD, SWEAT & TEARS』(1969)
  • DARYL HALL & JOHN HALL『Along The Red Ledge』(1978)
  • DARYL HALL & JOHN HALL『Voices』(1980)
  • BOBBY CALDWELL『BOBBY CALDWELL』(1978)
  • THE BLOW MONKEYS『She Was Only A Grocer's Daughter』(1987年)
  • GALAXIE 500『This Is Our Music』(1990)
  • SUEDESci-fi Lullabies』(1997)
  • BELLE & SEVASTIAN『Girls In Peacetime Want To Dance』(2014)
  • ARIEL PINK『Pom Pom』(2014)
  • DION『The Best Of Dion』(2001)
  • CHUBBY CHECKER『The Best Of Chubby Checker』(2005)
  • FOREIGNER『Original Album Series』(2010)

最近はジャズな気分なのでややジャズが多め。しかし同じ60年くらい前の演奏でもロックやポップミュージックだとどうしても古臭さを感じてしまう(その古臭さが好きでもあるのだけれど)のに、ジャズの音源からはそういう古さを感じないのは何故だろう。ただ僕がジャズを十分に聴き慣れていないからだろうか。