読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年大晦日の過ごし方

日記 音楽 NHK紅白歌合戦 AKB48 乃木坂46 欅坂46

僕が勤めている会社は仕事納めが遅く、31日の大晦日になってようやく休暇に入れる。まあ、休暇に入ったところで特にすることもなく、だいたい部屋の大掃除をしたり、夜にはNHK の「紅白歌合戦」を見てそのまま「ゆく年くる年」で年越しというのが例年のパターン。しかし大掃除の方は掃除用品は買い揃えたものの、来年(2017年)の春頃までには今の部屋から引っ越しを考えていることもあって気持ちが乗らず、また、「紅白歌合戦」も現在部屋のテレビが故障しているため視聴ができず、さてどう過ごしたら良いものかと悩んでいたら、友人らが集まってみんなで紅白を見ようという催しがあったので僕も参加することにした。

6名が駅前に集合した後にアトレで食材を買い、友人宅に到着したのは2番手のPUFFY が歌い終わった頃。欅坂46 の出演になんとか間に合って内心ほっとする。

 

デビュー年にして紅白歌合戦の出場を果たした欅坂46 のステージは想像以上に堂々としたものだった。欅坂46というグループのみならず2016年のJ-POP を代表する一曲となった「サイレントマジョリティー」。まだデビューする前にテレビ東京「欅って、書けない?」 を見ていた時、悪い意味での素人臭さと弱々しさしか感じられず「このグループは大丈夫なのかな?」と抱いていた不安が、このMV が公開された瞬間に一気に吹き飛んだのだった。しかしあまりにも鮮烈なデビュー曲だっただけに、今後「サイレントマジョリティー」をいかに越えていくかが課題になるだろう。


欅坂46 『サイレントマジョリティー』

 

乃木坂46「サヨナラの意味」。乃木坂46はまだ2度目の紅白のステージだけど、既に何度も出場しているかのような風格すら感じさせる内容だった。正直「サヨナラの意味」はあまりピンと来ない曲だったのだけど、紅白で聴くと年末感も感じられてグッと来るものがあった。


乃木坂46 『サヨナラの意味』

 

AKB48は「RIVER」と「君はメロディー」のメドレー。今回の見どころは「AKB48 夢の紅白選抜をみんなで選ぼう!」という企画。スマートフォンタブレットの「NHK紅白アプリ」とテレビのデータ放送から48グループのメンバーに投票し、上位48名のメンバーが紅白の舞台に立てるというもの。さらに「君はメロディー」を歌うことができるのは上位16名のメンバーのみで、それは「RIVER」の歌唱後に発表されるという生放送ならではの緊張感のある演出が施されている。

この企画が発表になった当初は「まーた話題作りか」という印象だったことは否めないけれども、「RIVER」〜順位発表〜「君はメロディー」とテンポよく繋がれた演出は良かったし、心が昂るものだった。

理論上はひとりのファンが無制限に投票できる「選抜総選挙」と違い、ひとりの投票数が限られる「紅白選抜」は "実際の人気が反映された" ものだと言われる。この表現が妥当かどうかは判断しかねるけれども、1位に輝いたのは山本彩で、「選抜総選挙」でももっと上位を狙えるポテンシャルを持っている(2016年は4位)と思っている僕はこの結果については十分に妥当な評価であると思っている。

しかし個人的に最も興奮したのは10位の市川美織が発表になった時である。何を隠そう、僕はこの市川美織に投票したのだ。バラエティ番組での出演実績はありつつも「選抜総選挙」ではなかなか上位に食い込めず、2016年はついに上位80位圏外となってしまったみおりん。それが48位以内のみならず、上位16位以内にランクインするとは! あの松井珠理奈より上位なのである。

僕も本来の推しという意味では、この紅白のステージがAKB48 として最後の活動となる島崎遥香か二推しの横山由依に投票するのが筋ではあるのだけれど、Twitter で必死に投票を呼びかけるみおりんを見ると、その健気さに応えないわけにはいかなくなったのだ。(島崎遥香横山由依は放っておいても16位圏内も当確だろうという打算もある。)

同じく「選抜総選挙」では圏外ながらも12位にランクインした大家志津香と共に、根強いファンを持つメンバーが報われた瞬間の興奮は何ものにも代えがたいものであった。


【MV full】 君はメロディー / AKB48[公式]

ちなみに「君はメロディー」、紅白放送後のインターネットでは「こんなにいい曲だったっけ?」というようなファンの発言が散見された。僕としては「もともといい曲だっただろうが!」と憤慨したいところではあるけど、10周年記念シングルで卒業メンバーが参加していたりMV 監督が蜷川実花氏で蜷川ワールド満開といった趣きの内容だったりで、当時は何かとトゥーマッチな印象が強かったことは否めない。実際僕も聴き直してみて、楽曲自体のシンプルさとエレピの音色の暖かさが際立つ名曲だとしみじみ感じ入ってしまった。

 

その他「紅白歌合戦」で印象深かったのは初めて聴いた 「PPAP」(ド派手でキャッチーな曲だと思っていたらかなりソリッドでシンプルなトラックだったので驚いた)と、Yoshiki の「僕達が(ゴジラを)止めます」でスタートしたX JAPAN「紅」Yoshiki はバラエティにも積極的な一面があるのでさほど意外ではないけれど。)。最後は白組の圧勝かと思いきや紅組の勝利で呆気にとられていたら紅白が終わってた。

 

紅白を見た後は適当にテレビをザッピングしつつ、明け方の5時頃まで過ごした。さすがに深夜帯になると眠気が…。さらにアルコールを飲みすぎた(自分比)せいか頭痛が発症し、ほうほうの体で自宅に着いたのは6時を過ぎた頃だったか。こんな年越しが来年もできたらいいと思った。明けましておめでとうございます。