読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引っ越し その2(不要物の廃棄)

2月18日(土)は引っ越しに伴って発生した諸々の作業や手続きを一気に片付ける一日だった。

まずは朝一から粗大ゴミの搬出。昨年の8月に故障したものの、特にゴミに出すでもなくずっと定位置に設置されたままだったテレビとそれを支えるテレビ台をついにと言うかようやく廃棄した。テレビ台は粗大ゴミとして自治体のルールに則って300円の手数料を払って廃棄。しかし業者に引き取ってもらうためには指定された廃棄場所まで持っていかなくてはならないわけで、テレビ台をマンションの1階の玄関口まで運んでいくのはなかなか大変な思いをした。

テレビは「家電リサイクル法」の対象となるため、また別の手続きと費用が必要になる。今回廃棄したテレビは 32インチの液晶型なので、リサイクル料金として 2,916円、運搬料金として 2,700円の計 5,616円を支払う羽目になった。廃棄ではなく買い替えにすれば、きっと購入先の家電店が無料で引き取ってくれたのだろう。しかしテレビもあらかじめ玄関口まで運んでおかねばならず、これも苦労した。

次はブックオフの出張買取が 10時頃に着。ダンボール2箱分の書籍と雑誌、あと少しの DVDとテレビゲームソフトを引き取ってもらった。まあこれもゴミを捨てるようなものなので、値が付けばラッキーくらいの気持ち。

そして11時頃には引っ越しを依頼した業者から荷造り用のダンボールが届いた。小サイズが15箱に大サイズが5箱。実際の引っ越しは2週間後だが、さっそく雑誌や本、CDといった趣味物から片付けていく。するとあっという間に8箱ほど消費した。ダンボールは昨日までテレビが置かれていたスペースに積まれている。

夕方には引越し先の物件を紹介してもらった不動産屋に赴いて契約書の手続き。契約内容を口頭で説明を受け、ひたすらサイン&はんこ押し。正直引っ越しの実感はまだあまりないのだが、これで手続き関係は完了。新居の家賃発生が1週間後からなので、また来週ここにきて部屋の鍵を受け取る予定。