読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年2月資産内訳

資産 残高 対前月比 年間通算 備考
預金 7,875,818 - 98,884 - 22,612
債券 1,000,000 - - ソフトバンク社債
株式 5,355,251 +226,470 + 312,628 SBI証券楽天証券
投資信託 1,406,669 + 41,151 + 63,360 楽天証券 ※毎月3万円積立
合計 15,637,738 + 176,877 + 361,516

2月は引っ越しの初期費用の支払いがあったため、預金は前月比で大きくマイナス。まあこれは致し方ないことだけど、実はその他にもちょっとしたマイナス要因があって、それは2月から会社の確定拠出年金制度において加入者掛金の拠出を開始したのである。

きっかけは iDeCoの存在を知ったこと。昨年までは自営業者や企業年金のないサラリーマンのみが加入対象だったのが、今年の1月からは企業年金があるサラリーマンや専業主婦などにも対象が広がるということを知って興味を持ったのだ。僕が日常の支出に使っている普通預金口座もある程度の残高が積み上がって、もし万が一(入院、失業等)があっても一定期間の資金繰りはどうにかできるだけの余裕が出てきたこともあり、収入の一部を iDeCoに回すことで節税メリットも享受しつつ資産形成ができる機会だと考えた。

ということで iDeCoへの加入を検討していたのだけれど、そもそもいま勤務している会社は企業型確定拠出年金の制度に加入しているので、そこに給与天引きという形で自ら掛け金を上乗せする(マッチング拠出)のが手っ取り早いと考えて2月から拠出を始めたのだ。*1拠出金額は上限ギリギリまでに設定しているので、節税効果があるとは言え、先月までの給与の手取り額と比べると多少下がることになる。

一方で株式の方は2月も順調で、株価は堅調に上昇して預金のマイナスを補って余りあるだけのパフォーマンスを見せてくれた。来月や再来月あたりもクレジットカード払いにした引越関連の費用の出費が続くので、財布の紐はしっかりと締めていきたい。

*1:ちなみに現時点で確定拠出年金の積立金は100万円以上あるけれど、上記の資産内訳には含めていない。